インターン紹介
梶原 遥
一橋大学 経済学部
始めたきっかけ

英語を使うアルバイトを探していたら、有給インターンの募集をたまたま見つけて、応募しました。

今までに携わった業務

パワポ作成、甘党男子記事作成など

インターンを通じて得たもの

パワポ作成力、アイデアを出し合って何かを作り上げていく過程を生で見ることができる。

B&Pのインターンならではの経験

インターンを始めて間もなくてもミーティングに参加させてくれたり、意見を求めてそれを採用してくれる。

どんな学生生活を送っているか

体育会に所属しているので部活が中心。

卒業後に希望する進路

MBAをとりにアメリカにいくか悩んでる。とりあえず海外で働くのが理想。

インターンを検討中の学生へのメッセージ

社会人になる前段階として経験を求める人が多いかもしれないけど、インターンってそれだけじゃなくて自分の作ったものが世に出るのを見届けることができるという点ですごく面白いと思うし、やりがいがあるから、一度挑戦してみてほしい。

インターンと先輩との関係について

みんないいひと。わからないことは優しく教えてくれるし挨拶もしっかりしてくれる。

インターン生から見たオフィスの雰囲気

音楽が流れていたり、たまにたわいもない話をしてすごく居心地が良い。

インターン中の目標

何か自分がメインになって企画できたら嬉しい。

採用までの流れ

研修課題に取り組んでそのまま仕事に参加。採用します、とはっきり言われたわけではないのでよくわかりません。。

アルバイトとの違い

仕事内容は社会人と同じだからすべて責任もってやらなければならないし、世に通用するものでなければならない。ただの単純作業ではないし、毎日やることは変わってくる。でもそれを成し遂げられたときの達成感はきっとアルバイト以上のものだと思う。

B&Pの魅力

インターン生も社員さんもみんな素敵なひとばかり。そんな人たちと色んな企画に取り組んで、色んな意見を出し合うと、新しい発見があるしとても刺激的。こうやってイベントやウェブサイトは成り立ってるんだなぁと勉強になることもたくさん。他よりも一歩早く自分の可能性を広げられる場所。