インターン紹介
山下 陸
東京大学
始めたきっかけ

社会に関わるきっかけを持ちたかったからです。私の大学での所属は文学部歴史学科であり、将来は企業に就職してビジネスがしたいと思っていた私にとって、経済学部や商学部の学生に比べてビジネスに関する知識が少ないことが、一つのネックでした。ビジネスについて理解を深めるには、実際にビジネスを体験するしかないだろうと考え、「より実戦に関わることができる」という視点でインターシップを探した結果、選択したのがボンドアンドパートナーズでした。

今までに携わった業務

ウェブサービスの立ち上げです。企画段階から積極的に参加させていただき、良いアイデアであればどんどん採用される環境であるため、やりがいを感じました。

インターンを通じて得たもの

ビジネスへの関心が高まりました。世の中にサービスを提供するという活動に実際に関わることで、ビジネス書などを通じて得ていた知識の有用性への理解が深まり、もっとビジネスについて勉強したいという動機づけになりました。

B&Pのインターンならではの経験

本の中の出来事や、ケース問題のようなシュミレーションでもない、現実のビジネスを経験することができます。

どんな学生生活を送っているか

現在は大学を休学しており、ほとんど毎日インターンとして仕事をさせてもらっています。大学休学中は授業がないので、インターンとして毎日働くことは、生活のペースづくりにも役立っています。

卒業後に希望する進路

外資系コンサル企業や、商社を希望しています。

インターンを検討中の学生へのメッセージ

より実践的な環境で、自分の実力を試したいという方は、ぜひともボンドアンドパートナーズのインターンに応募されることをおすすめします。

インターンと先輩との関係について

分からないことがあれば親切に教えていただけます。また、自分のアウトプットに対してフィードバックをいただくことができるので、成長を感じながら働くことができます。

インターン生から見たオフィスの雰囲気

メリハリがしっかりしているなという印象です。時に楽しく仕事をするシーンもありますが、みなさんスイッチが入れば目の色が変わります。

インターン中の目標

インターンという身分に甘んじず、胸をはって会社に貢献できるようになることです。

採用までの流れ

志望理由を含めたメールにて応募を行い、その後面接をしましょうとの連絡をいただきました。事前にペーパーのエントリーシートを記入した後、面接を実施し、インターンとして採用していただきました。

アルバイトとの違い

成長のスピードが、アルバイトと比べて明らかに早いです。

B&Pの魅力

インターンの学生を重んじていただける会社だと思います。一方で、実際に取り組んでいる業務内容は、事前の想像以上に規模の大きなものがあり、やりがいを感じています。