インターン紹介
小林志帆
法政大学 国際文化学部
始めたきっかけ

ネットで募集を見つけ、自分の強みである英語を生かせると考え応募しました。

今までに携わった業務

海外アパレルブランドのプレス業務、資料作成、新事業の企画業務等です。

インターンを通じて得たもの

事業が展開していく流れや企画書作成の作り方、全てが自分にとって初めてで新しく、とても勉強になります。

B&Pのインターンならではの経験

他大学のインターン生だけでなく、社員さんとも距離が近い職場環境なので、気軽に質問や意見を発することができます。
自分のやる気次第で仕事の幅が広がります。

どんな学生生活を送っているか

映像ゼミで映像を作っています。
また海外が好きなので交換留学生との交流も積極的に行っています。

卒業後に希望する進路

アメリカで働く(詳細は未定)

インターンを検討中の学生へのメッセージ

自分を試すにはとても良い環境だと思います。
すべてはやる気次第!
積極的に仕事に取り組めば、その分得られるものも大きい職場です。
社員さん、インターン生、みんな仲が良く雰囲気もいいです。

インターンと先輩との関係について

インターン生みな先輩後輩関係なく仲がいいです。仕事も丁寧にサポートしてくれます。

インターン生から見たオフィスの雰囲気

オフィスには観葉植物もたくさんあり、音楽も流れているので、堅苦しくなく明るい雰囲気です。

インターン中の目標

企画書作りのスキルを上げる、英語を使った業務をできるだけスムーズに仕上げる、です。

採用までの流れ

ネットから応募し、後日面接、その後の試用期間を経て、今に至ります。

アルバイトとの違い

担当する業務の責任が違います。
自分が携わった企画が徐々に形になっていくのをみると、やりがいを感じます。

B&Pの魅力

他のインターン生、社員さんとの距離の近さです。
気軽に質問できるので、業務内容の質問もしやすく、作業の質をあげることができます。